イベント

ラジエーションハウスの続編はいつ?2021年決定の新情報をご案内!

ラジハ続編の記事

嬉しいニュースが聞こえてきました!

窪田正孝さん主演のラジエーションハウスの続編「ラジエーションハウス2」放送決定!だそうです。

唯織と杏ちゃんの関係に進展はあるのか?早く見たいな~と、今からドキドキしちゃいます。

 

そこでラジエーションハウスの続編がいつあるのか。

あらすじは?出演者は?

「ラジエーションハウス2」の新情報をまとめました!

 

それでは早速、『ラジエーションハウスの続編はいつ?2021年決定の新情報をご案内!』と題した記事、見ていきましょう!

 

ラジエーションハウスの続編はいつ?

ラジエーションハウスの公式サイト画像

引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse2/

ラジエーションハウスの続編はいつ?と気になる放送時期ですが、今のところ2021年10月としか決まっていません。

2021年秋ドラマ(10月)は間違いないので、詳細日程については決まり次第お知らせしますね。

 

ちなみにラジハの続編「ラジエーションハウス2」の撮影はもう始まっているそうなので、2021年10月の放送は間違いないですね。

ラジエーションハウス2公式HPにも2021年10月の記載はありました。

ちなみに前回同様フジテレビで、月曜日よる9時枠のドラマ通称月9です。

 

ちなみに2020年の月9枠の秋ドラマは「監察医朝顔2」で、11月2日スタートでした。

今年は昨年の11月2日スタートよりも少し早く、10月スタートの予定のようです。

また、唯織や杏ちゃんラジハメンバーに会えることが嬉しいですね!

 

ラジエーションハウスの続編2021年新情報は?

ラジエーションハウスの続編2021年新情報もお知らせしていきたいところですが、放送決定以降の続報は残念ながらまだありません。

こちらも随時明らかになる情報を追記していきますのでお楽しみに。

 

ラジエーションハウスのあらすじはどうなる?

ラジエーションハウスの続編「ラジエーションハウス2」のあらすじは、間違いなく前回の続きから始まるでしょうね。

まだ発表はないのであくまでも私の予想ですが、五十嵐伊織が帰国決定を聞いたラジハメンバーがそわそわしている…そんな様子からスタートするのでは?と思っています。

まんざらでもない甘春杏先生が内心嬉しいながらも、それを隠すも喜びが駄々洩れ。そんなツンデレ全開の姿を想像しています。

想像しているだけで楽しくなってきました。

 

前回では医師免許を持っていることを隠していた五十嵐唯織が、続編ではどう立ち回るのか見ものですよね。

もう医師であることはみんなにバレていますから。

隠していた頃とはまた違った立場になるんではないでしょうか。

そもそも検査技師として勤務するのか、医師として戻ってくるのか、そこも気になるところ。

 

ラジエーションハウスの続編、どんなストーリー展開になるか楽しみですね。

個人的には唯織と杏ちゃんのラブシーンも期待しています。

 

ラジエーションハウスの出演者は続投?

ラジエーションハウスの出演者は続投なのか、そこも気になると思いますが、はい!答えは続投決定です。

前作に出ていた主要出演者は「ラジエーションハウス2」の出演者キャストの欄にもしっかり名前がありました。

そうなると次に気になるのが、続編から出演する出演者が誰になるのかということ。

 

病院を陰で支える放射線技師たちに光を当てた今作。彼らの働きがたくさんの患者さんを救い、見てくださる方々に元気を与えてくれると思います。新メンバーも加わってパワーアップした“ラジハ”を最後まで楽しんでもらえたらうれしいです。

引用:https://www.fujitv-view.jp/

五十嵐唯織役の窪田正孝さんがインタビューで「新メンバー」の存在を明かしているので、いることは確実です。

 

前作の最終回で、唯織の代わりにやってきた新人検査技師の田中(八嶋智人さん)が新メンバーとして正式に加わるのでしょうか?

是非とも八嶋智人さんにはラジハメンバーに加わって欲しいですが、どうなるのでしょうか。

もしくは全然違う人が新メンバーとして加わるのか、非常に気になるところ。

今後もラジエーションハウスの続編の情報からは目が離せませんね。

 

ラジエーションハウスの続編【2021年新情報】まとめ

今回はラジエーションハウスの続編がいつあるのか、新情報をまとめました!

撮影は始まっているようですが、まだ続編決定が発表されたばかりで情報は少な目でした。

今後も新情報がわかり次第、「ラジエーションハウスの続編はいつ?2021年決定の新情報をご案内!」のこの記事に追記します。

 

それでは、記事を最後までお読みいただきありがとうございました。