VOD関連

花より男子の韓国版と日本版の違いは?キャストやあらすじを比較してみた!

花男違いトップ

ドラマ『花より男子』は、2005年の作品なのでもう15年前の作品になります。

「これぞ、日本ドラマのラブコメ決定版!」といっても過言でないほど人気の作品ですが、実は、放送当時は元々放送予定だった別のドラマが頓挫した事によって、急遽決まった穴埋め的な作品だった事をご存じでしたか?

 

しかし、ドラマ『花より男子』は予想を上回る人気作品となり続編の『花より男2』が放送され、2009年には韓国版としても『꽃보다 남자(コッポダナムジャ)』のタイトルでリメイクされました。

韓国版の『花より男子』も日本で放送され、今でもVODサービスで人気の作品です。

 

今回は花より男子の韓国版と日本版の違いは?キャストやあらすじを比較してみた!と題し、『花より男子』韓国版と日本版の違いやキャストやあらすじを比較していきたいと思います。

 

花より男子の韓国版と日本版の違いはある?

 

この投稿をInstagramで見る

 

神尾葉子(@yoko.kamio)がシェアした投稿

最初に、花より男子の韓国版と日本版の違いはある?という事で、韓国版、日本版の二作品の違いについてお届けします。

どちらも、原作となっているのは雑誌『マーガレット』で連載されていた神尾葉子さんの漫画『花より男子』です。

 

ちなみに、日本で連続ドラマ『花より男子』として実写化される前に、1995年に内田有紀さん主演の映画版で実写化されています。

日本の『花より男子』が放送されていたのは、2005年の秋クールで全9話での放送でした。

 

韓国版『花より男子』は、2009年1月~3月までの月・火ドラマとして全25話(韓国の場合は連続する曜日での、週2日という放送サイクルが多い)で放送されました。

制作は大ヒットドラマ『宮 -Love in Palace-』など多くの人気ラブコメ作品を手掛けたグループエイトが行っています。

 

原作となった漫画は一緒ですし、韓国版は日本版のリメイク作品という事で、物語の展開に大きな違いはありません。

ただ、日本版が全9話で描かれたのに対し、韓国版では全25話と話数が倍以上あります。

あらすじに違いはありませんが、韓国版は話数が多くなっている分、もっと詳細に丁寧に描かれている印象です。

 

「花より男子」韓国版と日本版キャストを比較!違いは?

啓明大学の画像

引用:https://ryugaku.myedu.jp/

上記の写真は、韓国版『花より男子』の神話学園のロケ地として使用された大邱(テグ)という都市にある啓明大学(ケミョンダイガク)です。

この大学は、ロケで使用される事が多く他の韓国ドラマにもたびたび登場します。

 

日本版で舞台となっていたのは、「英徳大学」という名称でしたが、韓国版では「神話学園(シンファガクエン)」という名称に変更されました。

もちろん、それ以外にも登場する地名や建物の名称なども、韓国で馴染みのある名称に換えられています。

 

登場人物の名称も同様で、主要キャラクターからその他のキャラクターまで全てのキャラクター名は韓国名に変更されています。

また、日本版で主人公の牧野つくしのバイト先はお団子屋さんでしたが、韓国版ではお粥屋さんになるなど韓国に馴染みある形に置き換えられています。

 

「花より男子」韓国版キャストは?

花男韓国相関図

引用:https://www.tbs.co.jp/hanryu-select/hana-dan/chart/

では、韓国版『花より男子』の主要キャストをキャラクター名と共に紹介していきます。

 

  • クム・ジャンディ(牧野つくし)役:ク・ヘソン
  • ク・ジュンピョ(道明寺司)役:イ・ミンホ
  • ユン・ジフ(花沢類)役:キム・ヒョンジュン
  • ソ・イジョン(西門総二郎)役:キム・ボム
  • ソン・ウビン(美作あきら)役:キム・ジュン

日本版ではF4の道明寺司をアイドルグループ嵐の松本潤さんが演じ、それ以外のキャラクターは役者一本で頑張っている若手俳優たちが演じていました。

韓国版では、ユン・ジフ(花沢類)を演じたキム・ヒョンジュンさんは、アイドルグループSS501のメンバーとして活躍していましたが、それ以外はやはり役者メインで活躍している俳優陣たちです。

 

実は、キム・ヒョンジュンさんもクム・ジャンディ役のク・ヘソンさんも『花より男子』のヒットにより、その後の作品でも主演を演じるなど活躍したのですが、プライベートでのスキャンダルにより、再起が難しい状態になっています。

 

韓国版『花より男子』を足掛かりに一番大成したのは、イ・ミンホさんでInstagramフォロワー数は韓国アクターの中でNO.1を誇る人気ぶりです。

主要キャストではありませんが、イ・ミンホさんが演じたジュンピョの許嫁役で出演していたイ・ミンジョンさんは、イ・ビョンホンさんの奥さんです。

 

そして、イジョンの幼馴染役で出演していたパク・スジンさんは、ペ・ヨンジュンさんの奥さんなので、初代四天王と言われたペ・ヨンジュンさんとイ・ビョンホンさんの奥さんが揃って出演していたドラマだと思うと、それもまた面白いですね。

 

「花より男子」日本版キャストは?

神尾葉子の画

引用:https://yokokamio.net/material/

次は、日本版『花より男子』のキャラクターとキャストを紹介していきます。

 

  • 牧野つくし 役:井上真央・・・主人公の女子高生。一般家庭で育ちながら母親の見栄で上流階級ばかりが通う英徳学園に通う事になる。
  • 道明寺司 役:松本潤・・・F4のリーダーで英徳学園の独裁者。道明寺財閥の跡取り息子。
  • 花沢類 役:小栗旬・・・F4のメンバーで人付き合いが苦手な性格。芸術センスに長けている。
  • 西門総二郎 役:松田翔太・・・F4のメンバーで茶道の家元の家系に生まれた跡取り息子。
  • 美作あきら 役:阿部力・・・F4のメンバーで高校生ながら、父親が社長を務める美作商社の副社長を務めている。

英徳学園は、幼稚舎から大学まである一貫校で、高額な学費を支払える者のみが通う事のできる学校です。

『花より男子』は、そんな英徳学園に一般家庭の牧野つくしが入学してしまうところから物語は始まります。

 

韓国版と日本版の『花より男子』に共通して言えるのは、当時注目されはじめた若手俳優たちが出演し、この作品の大ヒットにより大きく飛躍したという事ではないでしょうか?

『花より男子』はキャストそれぞれにとって、ターニングポイントとなった作品だと思います。

 

ちなみに日本版『花より男子』の最高視聴率は最終回の22.4%でした。

韓国版の韓国での初回視聴率は14.3%でしたが、最高視聴率は35.5%を記録しています。

 

「花より男子」韓国版と日本版あらすじを比較!違いは?

韓国版『花より男子』に度々、登場するグランドハイアットソウルです。

最初の方で、ジュンピョが溺れたシーンのプールが登場したりします。

 

「花より男子」韓国版と日本版あらすじを比較!違いは?という事で、2つのドラマを比べてみましたが、全体的なストーリー展開にそれほど違いはありません。

ただ先ほども書いた通り、日本版に比べて韓国版の話数が倍以上なので一つのエピソードもより具体的に描かれていると思います。

 

韓国ドラマが日本ドラマと比べて何故長いのかというと、感情の描写に非常に重きを置き視聴者を時間をかけてエンロールするような演出をする事が多いです。

日本版でリズミカルにトントン進む話も、韓国版だと1シーンにじっくりと時間をかける傾向があります。

 

日本版と韓国版のキャスティングに関しては色々な意見がありましたが、主人公・牧野つくしは、日本版の『花より男子』の井上真央さんが原作のイメージ通りだったのに対し、韓国版のク・ヘソンさんはイメージが違うという意見が多かったです。

 

逆にF4は、韓国版の方が原作の華やかなイメージに近かったという意見が多かったように思えます。

といっても、日本版を見慣れてる方には韓国版のキャストは大人っぽすぎて違和感を感じるといった意見もあり、どちらが好みかは別れます。

皆さんは、どちらが好みでしょうか?

 

「花より男子」韓国版あらすじは?

花男UNEXT

引用:https://www.video.unext.jp/

クリーニング店の娘として生まれたクム・ジャンディは、配達先の神話学園(しんふぁがくえん)で自殺しようとしていた男子生徒を助けます。

助けた事で、ネット上でヒーロー扱いされたジャンディでしたが、神話学園側は事件と共にいじめの事実を隠蔽するため、ジャンディの口封じをしようと神話学園に入学させようとしていました。

 

こうして一般家庭で育ったジャンディは、上流階級ばかりが通う神話学園に奨学生として編入する事になります。

神話学園は、財閥の家に生まれた「F4」と呼ばれる4人の男子生徒たちが牛耳っていました。

 

F4たちがルールブックの神話学園では、そこからはみ出る者たちには、容赦ないいじめが行われたり、結果的に退学に追い込むような目に余る行為が横行しています。

元々、正義感が強いジャンディにとっては当然許す事のできない行為で、とある出来事からジャンディはF4に宣戦布告します。

 

ジャンディは、憤慨したF4のリーダーであるジュンピョの標的となり手下たちから襲われますが、F4メンバーの一人ユン・ジフに助けられます。

ユン・ジフは、このあとも何かとジャンディを気にかけ助けてくれますが、他のメンバーとは少し違う雰囲気のジフの事をジャンディは少し気になり始めるのでした。

 

一方で、ジュンピョはジャンディに色々と仕掛けながらも、他の女子たちとは違い反抗的な態度をとるジャンディが「自分に気があるんじゃないか?」と勘違いしはじめます。

そこからは、日本版と同様にジフとジャンディとジュンピョとの間で三角関係に発展するなど、胸キュンなラブコメディな物語が展開していきます。

 

「花より男子」日本版あらすじは?

一般庶民の家庭に生まれながら母親の見栄で、お金持ちばかりが通う名門英徳学園に通う牧野つくしは、学校を支配するセレブばかりの集団F4にうんざりしていました。

見ないフリでやり過ごそうと思っていたつくしでしたが、ある日、F4に絡まれていた同級生を助けます。

 

しかし、その事によってF4から睨まれるようになりF4の指令で全校生徒からいじめの標的にされてしまいます。

つくしは「絶対に屈しない」と宣戦布告を宣言し、道明寺たちと戦う日々がはじまります。

困った事があるとF4メンバーの花沢類が手を差し伸べてくれます。

つくしは、そんな花沢類に恋心を抱き始めるのですが・・・。

 

韓国版とは牧野つくしの学園への入り方などが違いますが、その後のF4の存在や学園でのいじめ問題や標的になると貼られる「赤札」の存在などは同じです。

欲しいと思った物は、大抵手に入るお金持ちたちにとって退屈だった空間に、ウッカリ入り込んでしまった一般庶民の牧野つくし。

 

最初は、道明寺にとってつくしは、鬱陶しい存在でしかありませんでしたが、他の女子にはない眩しいほどに真っすぐな魅力に惹かれ、恋心を抱いていくと物語です。

牧野つくしという存在が、道明寺司を改心させまともな大人の男へと成長させて行くのと同時に、牧野つくしもこれまで知りえなかった世界を味わう事になるシンデレラストーリーです。

 

原作漫画の連載がはじまったのは1992年頃だったので30年近く前の作品になります。

そう聞くと古い感じがしますが、『花より男子』は現代版シンデレラストーリーとして、今でも愛され続けています。

タイ版『花より男子』も制作され、2021年夏以降に放送予定となっています。

 

花より男子の韓国版と日本版の違いをまとめ

今回は、花より男子の韓国版と日本版の違いは?キャストやあらすじを比較してみた!という事で、韓国版『花より男子』の日本版との違いを中心に紹介してきました。

タイトルの男子(だんご)にかけて、日本版の主人公・牧野つくしのアルバイト先が「団子屋」だったのに対し、韓国版は「お粥屋」に代わってしまっているのがちょっと残念な感じです。

 

韓国では、お粥さんがしっくりくるので仕方がないですよね。

韓国版は日本版よりも製作費にお金がかかってる感じなので、原作により近いゴージャスな雰囲気が感じられるかもしれません。

是非、両方見て比べてみてくださいね。